Home > 新着情報 > 完成工事情報

カバー

完成工事情報

長野県内にも「STOP」併記標識設置

 2017年7月1日より、止まれ「STOP」が入った新標識が施工されました。
長野中央署管内では長野駅前・善光寺など周辺で標識板の取替を行いました。
2020年東京五輪・パラリンピックを控え訪日外国人の増加に対応するため、
全国で導入がはじまった「STOP」と英語を併記した新デザインの一時停止標識は
今後、新設・更新工事によって随時新しい標識板になる予定です。

Road_Sign_Stop.jpeg

中日本高速道道路(株)松本保全・サービスセンター様から感謝状をいただきました

 中日本高速道路株式会社様は2012年の笹子トンネル天井板落下事故を教訓とし、「二度とこのような事故を起こしてはならない」という深い反省と強い意思の基、安全向上3ヶ年計画(2013年~2015年)を策定いたしました。
その計画の一つに案内標識の落下対策がありました。これは高速道路を利用するお客様に対して頭上にある標識板が万が一落下した場合の二重の安全対策としてワイヤーロープを設置する工事です。
弊社は2014年(平成26年)発注の松本管内標識工事を受注し、標識板の落下対策を実施いたしました。
 この3ヶ年計画の達成に寄与した事による松本保全・サービスセンター所長様から名誉ある感謝状として今回受賞いたしました。

tp20170315.jpg

「東北ぐるりん号」ラッピング完成

   長野市古里、若槻地区などで長野電鉄様が運行する小型バス「東北グルリン号」がこの度、当社ラッピングにより完成しました。
濃いピンク色の車体に太陽や月、雲、風船、魚などを施した自由な発想のデザインとなっており、デザインは長野市内の高校生のカラフルなデザインであります。
ラッピング車両は、12月1日から長野市古里、若槻、吉田、朝日を循環します。

marking4.jpeg
marking5.jpeg

一般住宅外構工事完成

  平成28年9月住宅外構工事が完成いたしました。
老朽化した玄関先の枕木を撤去し、砂利であったスロープを土間コンクリートとしてステップには擬木を使用し間口を広く設けて子供さんでも安心して通れるよう改良を施してあります。
転落防止として、玄関脇に擁壁をもうけフェンスを使用いたしました。

GH_LSW1.jpg
GH_LSW2.jpg

一般住宅外構工事完成

  平成28年9月住宅外構工事が完成いたしました。
老朽化した玄関先の枕木を撤去し、砂利であったスロープを土間コンクリートとしてステップには擬木を使用し間口を広く設けて子供さんでも安心して通れるよう改良を施してあります。
転落防止として、玄関脇に擁壁をもうけフェンスを使用いたしました。

GH_LSW1.jpg
GH_LSW2.jpg

中央自動車道 大月管内標識工事竣工

 2016年3月中央自動車道大月管内標識工事が竣工致しました。
大槻管内では「笹子トンネル」で天井板の崩落する大参事が過去に発生しております。
このような大事故を踏まえ管内の蛍光灯の付いている古いタイプの標識板の照明を撤去し、新しい反射材スリーエム製ダイアモンドグレードの輝度の高い標識板に取り換えをし、また、通行車両の頭上にある標識、路側にあたっても、落下の危険性のある標識そのすべてに対して今、取付てある構造にプラスアルファーし「安全対策」をする意味で『二重の安全対策』として、ワイヤを梁と標識板に取付を行う落下対策を行っております。
この工事では、高欄の内側から外側に落ちょうする柱を止める、という新しい考案を取り入れ竣工に至っております。

traffic_sign_wire1.jpg

標識板落下防止ワイヤ施工状況

traffic_sign_wire2.jpg
traffic_sign_wire3.jpg

くりこま高原太陽光発電所完成

 11月30日に完成致しました新しい「太陽光発電所」のご紹介をいたします。

工事概要
・発電所名称:くりこま高原太陽光発電所
・設備容量:814kW
・所在地:宮城県栗原市志波姫北郷十文字
・発電事業主:株式会社太田組様

PV_Kurikoma.jpg

GC志波姫ソーラーパーク完成

 弊社施工の『太陽光発電所』のご紹介をいたします。

工事概要
・発電所名称:松月産業株式会社 GC志波姫ソーラーパーク
・設備容量:1,499kW
・所在地:宮城県栗原市志波姫
・発電事業主:松月産業株式会社様

PV_Shiwahime.jpg

アルパジョン ドリームメガソーラー完成

 弊社施工の『太陽光発電所』のご紹介をいたします。

工事概要
・発電所名称:アルパジョン ドリームメガソーラー
・設備容量:1,053kW
・所在地:宮城県加美郡加美町
・発電事業主:有限会社益野製菓様

PV_Arpajon.jpg

中新田ソーラー発電所完成

 弊社施工の『太陽光発電所』のご紹介をいたします。

工事概要
・発電所名称:株式会社タイハク 中新田ソーラー発電所
・設備容量:756kW
・所在地:宮城県加美郡加美町
・発電事業主:株式会社タイハク様

PV_Nakaniida.jpg

千葉に太陽光発電所完成

 弊社施工の『太陽光発電所』のご紹介をいたします。

概要
 高圧連系495kW発電所
 所在地:千葉県八街市

PV_Yachimata.jpg

エムウェーブ両面太陽電池搭載型シェルター完成

  かねてから株式会社エムウェーブ樣の要望もあり、当社ブランド商品であります 両面太陽電池を搭載した広告型シェルターを提案し、工事が完成いたしました。

IDP10.jpg

 

歩道橋融雪設備

 歩道橋融雪設備工がこのたび完成いたしました。 施工場所は、長野赤十字病院前、ビックハット前、Mウェーブ前、屋島の四橋を同時期に完成させ長野、特に北信地域の降雪の多い地域の方々の交通の確保をいたしました。

HTG06.jpg

ヒーティング(融雪設備)敷設状況

HTG07.jpg

長野赤十字病院前歩道橋完成

佐賀大学医学部付属病院診療棟 及び 姫路駅北口眺望デッキ 太陽光パネル設置工事

 佐賀大学医学部付属病院では2017年の完成をめざし、病院全体の再整備をすすめている。
当社は、新南棟の壁面と車寄せ庇に設置する採光型ソーラーパネル196枚を病院内の電灯系統に接続するシステム設計を行った。設置容量は42kW。
 JR姫路駅整備に伴い、駅北口新設される眺望デッキの太陽光システム工事を行った。
眺望デッキ屋上部には採光型ガラスモジュール168枚を設置。設置容量は21kW。

saga_univ1.jpg

佐賀大学

saga_univ2.jpg

 

himeji_sta.jpg

姫路駅

北上市交流センター街路灯

岩手県北上市内に両面受光パネルを使った街路灯(当社オリジナル商品TOMORIe)を17基設置しました。

北上市交流センターは、これまで親しまれてきた市立の公民館を公設民営型に移行させた施設。
生涯学習、社会教育に加え、2006年度から地域づくり事業の支援をすることになった市内各所の交流センターに当社の街路灯が採用されました。

雪に強い垂直設置型両面受光パネルと非常用電源コンセントは、雪国の公共施設に最適です。江釣子、飯豊、相去など市内16ヶ所の交流センターと北上市勤労者体育センター1ヶ所で毎日発電中、毎晩点灯中です。

Kitakami.jpg

雪が積もらない太陽パネル

太陽光発電設備工事

OPE03.jpg
 この度、下高井郡山ノ内町個人宅倉庫に全量売電用太陽光発電設備を完成させました。
降雪地方ということもあり、モジュールパネルを南西方向とし、専用の折板用取付金具を製作する等、工夫をいたしました。

〈概要〉  太陽光発電設備工事 全量売電用
         太陽電池モジュール 208.4w × 48枚
      発注者  下 田 幸 永 様
      工 期  平成24年8月8日~平成24年10月31日

長野中央通り 音響を常設

街路灯16ヵ所に27基 当社施工

 音響設備の常設化は、仮設で対応してきた近年のびんずる踊りで、エリアによってびんずる囃子の音が途切れるといったトラブルが発生していたことから、従来の設備が老朽化したことも含めて取り組みました。
 道路を管理する市や県の許可を得て、7月に中央通りの街路灯16ヵ所に計27基のスピーカーとケーブルなどの配線用具を当社で取り付けました。スピーカーは出力を従来の約4倍の60ワットにし、より広いエリアに良質な音が届くようにしました。
 2012年8月4日 長野びんずるで本格稼働させ、いずれは市街地の情報発信手段としての役割を担い、災害時でも対応できます。

CSE07.jpg CSE08.jpg

新東名高速道路 御殿場ジャンクション標識工事完成

P4011149.jpg
平成24年4月14日 新東名高速道路御殿場JCT~三ヶ日JCT間162㎞が開通しました。弊社は東京方面の起終点に当たる御殿場JCTの標識工事を担当させていただきました。

P4011129.jpg
今回の162㎞もの開通は国内での高速道路開通史上最長となります。
今後2014年度の浜松いなさJCT~豊田東JCT、2020年度の伊勢原北IC~御殿場JCTの開通で海老名南JCT~豊田東JCT間の全長254㎞の高速道路となる予定です。

今回の工事に当たっては工期が長く、数多くの他工種との調整等苦労が多く有りましたが、発注者、その他関係機関のご指導をいただきながら無事故で完成させる事ができました。

工事概要
門型標識 8基、内部照明型標識改良 8カ所、小型標識 98基
防護柵改良 800m、その他

むらやま公園に大型遊具を設置しました。

P7060017.jpg
下伊那郡松川町のむらやま公園に大型複合遊具の設置工事を行いました。
松川町は伊那谷のほぼ中央に位置し、南北に天竜川が流れ、雪国信州の中では比較的温暖な場所で、梨、りんご等の果樹栽培が盛んな町です。

P7060021.jpg
むらやま公園は町の北西部、まわりには果樹農園が多く、また、天竜川に注ぐ片桐松川のほとりで松川町のリゾートの中心としてまつかわ温泉清流苑等と整備がすすめられている公園です。
2つのアルプスが眺望でき、片桐松川の清流との相乗効果で『日本の美しい景色』を感じる事ができる村山公園。遊具の設置に依り公園の利用価値を高め、様々な方に広く利用して頂ける様にプランニングを行い、採用して頂きました。
デザインコンセプトとして以下の3点をメインとしています。
 ①公園の美しい景観に調和するベースカラーとする。
 ②松川町の名産である梨やりんごをシンボルツリーに実らせる
  ③3歳児未満の遊びエリアの確立

工 事 名 平成22年度 むらやま公園遊具整備工事
工事内容 大型複合遊具
     ロープ製ピラミッド型遊具
     4連式ブランコ
     その他園児用遊具

日比谷図書館に両面式太陽電池モジュールを設置しました

現在,改修工事中の東京都千代田区にある日比谷図書館屋上にフェンスタイプ採光型両面太陽電池モジュールの施工をさせていただきました。
竣工はまだ先となりますが、日比谷図書館の周囲からも屋上に設置してあるフェンス型の太陽電池を目にする事ができます。

工 事 名  日比谷図書館改修工事
太陽電池  採光型両面太陽電池モジュール12kw モジュール枚数90枚
設備要領  20kw

100年以上の歴史の有る建築物に現代の先端技術である太陽電池が一体化し、意匠的にも素晴らしい景観をかもし出しています。

南相木小学校太陽光発電設備工事完了!!

%E5%8D%97%E7%9B%B8%E6%9C%A8%EF%BC%92.JPG
平成21年度安全・安心な学校づくり交付金事業として長野県南佐久郡南相木村にある南相木小学校の屋上に太陽光発電設備を弊社で施工させて頂きました。
今後も太陽光発電設備に益々力を入れて行きます。

工事名  平成21年度安全・安心な学校づくり交付金事業南相木小学校太陽光発電設備工事
発注者  南相木村
工 期  平成21年12月25日~平成22年3月26日
概要   太陽光発電設備設置 1式(モジュール30KW)
      ハイブリッド照明灯(LED) 1基
      ハイブリッド時計塔 1基
      落雪防止ネット(ゆきもち君) 58m
      タラップ(ステンレス製) 1基

姑射橋塗装工事

P4060027.JPG
下伊那を代表する観光地である名勝「天竜峡」のシンボル的な存在の姑射橋の塗替え塗装工事を施工しました。橋のたもとには有名な天竜ライン下りの船着場も有り、地元観光協会等との調整をしながらの施工となりました。

工事名   平成20年度 県単道路橋梁維持(橋梁塗装)工事
工事箇所 飯田市天竜峡姑射橋
工事概要 鋼橋塗替え塗装工事 1,650㎡
工   期 平成20年11月4日~平成21年3月25日