Home > 新着情報 > 商品ニュース > シリコン薄膜太陽電池を使用したテーブル型シティチャージを開発しました

カバー

商品ニュース シリコン薄膜太陽電池を使用したテーブル型シティチャージを開発しました

  矢木コーポレーション株式会社は旭硝子株式会社と共同でシリコン薄膜太陽電池が発電する電気をスマートフォンなどに充電できるテーブル型ソーラー充電スタンドを開発し、今般、公益財団法人東京都環境公社が再生エネルギーの普及啓発に向けて進めている「シティチャージ普及促進事業」の設置事業者として選定されました。開発製品は東京都環境公社を通じて東京都内のコーヒーショップ3店舗に10月下旬より順次設置されます。
今回開発したシティチャージは、テーブル天板に太陽電池を置き、木を多用したデザインとなっており、木製スツールとの組み合わせで店舗の雰囲気に合わせた自由なレイアウトが可能です。
当社は今後も様々な太陽光発電システムの開発を通じて、グリーンエネルギーの普及に取り組んでまいります。
東京都環境公社(東京都地球温暖化防止活動推進センター)プレスリリース
https://www.tokyo-co2down.jp/page.jsp?id=6989

お問い合わせ 矢木コーポレーション株式会社東京支社 ソーラー事業部 03(5246)4856

citycharge01.jpg