Home > 新着情報 > 完成工事情報 > 中央自動車道 大月管内標識工事竣工

カバー

完成工事情報 中央自動車道 大月管内標識工事竣工

 2016年3月中央自動車道大月管内標識工事が竣工致しました。
大槻管内では「笹子トンネル」で天井板の崩落する大参事が過去に発生しております。
このような大事故を踏まえ管内の蛍光灯の付いている古いタイプの標識板の照明を撤去し、新しい反射材スリーエム製ダイアモンドグレードの輝度の高い標識板に取り換えをし、また、通行車両の頭上にある標識、路側にあたっても、落下の危険性のある標識そのすべてに対して今、取付てある構造にプラスアルファーし「安全対策」をする意味で『二重の安全対策』として、ワイヤを梁と標識板に取付を行う落下対策を行っております。
この工事では、高欄の内側から外側に落ちょうする柱を止める、という新しい考案を取り入れ竣工に至っております。

traffic_sign_wire1.jpg

標識板落下防止ワイヤ施工状況

traffic_sign_wire2.jpg
traffic_sign_wire3.jpg